もっと審査項目に関しては通りづらくなっているようです

いろいろある融資の審査基準の切り口から比較してみると、審査も多様にあるということがわかります。

ひとくくりに融資と口々にいっても、金融機関系のものであったり大手の会社であったり、また独立系のものなどあり多様です。

それらのキャッシング業者を比べた際、当然ながら手続きが簡単な会社、その逆の通りづらい会社というものに分かれていきます。

まず初めに、同時期に融資を受ける業者は、三社が基準と言われています。

キャッシングをしている数が三社以内で、お金の借入れ金額が年間の収入の3分の1以下であれば、銀行であっても手続きをパスする確率は高いといえます。

金融機関はたいてい借りたお金に対しての金利が低く設けていますので、利用をするならば金融機関系がいいでしょう。

お金の借り入れ件数がもし融資を受けている件数が4件を上回っている場合、金融機関系は難しくなるはずです。

ですが、2006年以降の貸金業規制法や出資法等の法改正により、利息の上限が下がり、金融機関系では審査がパスしずらい方向にあるのです。

金融機関もで、もっと審査項目に関しては通りづらくなっているようです。

審査基準のゆるい会社と有名なキャッシング会社でも、なりふり構わず審査依頼するればよいというわけでもありません。

もし、前にその業者に当たって情報を集めずに申込みをして、審査に通過しなかった場合は、その審査項目は個人信用情報機関に保存されるのです。

信用情報機関に記録される期間は三ヶ月から六ヶ月ですので、その間、個人信用情報機関の情報が汚れてしまうこととなってしまします。

汚れたからといって必ず借りられないことでもでありませんが、その記録を閲覧する業者の審査には、多かれ少なかれ影響があるはずです。

割に幾分甘いといわれている審査基準を行う業者でも、そのことにより融資を受けられなくなることも発生する可能性があります。

コンテンツメニュー

    Link